学科試験突破法

運転免許には大きく分けて、2種類の試験があります。その1つが学科試験です。これはいわゆる問題に解答していくタイプの試験となっていて、こちらに合格しなければ免許は取得できません。しかし、基本的なことしか問題としては出てこないので、学科は特に難しいことはありません。特に、こちらに関しては暗記するだけで大抵は合格点を取得できるようになっています。

例えば、「トンネル内で車を駐車・停車しても良い」という設問に対して、答える問題などが出題されます。トンネル内で止まっていたら危険なので、原則としては駐車も停車もできません。渋滞などによってトンネルまで列が続いている場合などは除き、原則としては禁止されているので答えはバツとなります。このように、学科試験は「常識で考えてみてどうか」という点がとても重要となります。

常識的に考えて、ダメだと思うものはダメ、良いと思うものは良いという感覚で答えていけば、まず落ちることはないです。ただ、問題文の中には意地が悪いものもあるので、文章を良く読み、その上で回答していくことを心掛けてください。そうすれば、大抵は合格点を獲得できるので、次の技能試験へ進むことができるはずです。